コンテンツへスキップ

プログラマーの副業ならスマホアプリ開発がおすすめ

フリーランスのプログラマーの方や企業に雇われているプログラマーの方でも、できる副業となりますと、スマホアプリの個人開発がおすすめです。スマホアプリとはスマホの機能を拡張するアプリやゲームアプリの事を指します。

大抵は企業の方が参入してアプリを開発して販売することで利益を得ていたりしますが、最近では個人でもgoogleplayなどでアプリ開発した物を発表して利益を得ることが出来ます。

利益を狙うコツについてですがアプリ開発をするうえで便利な機能をスマホに搭載することができる機能であればあるほど望ましく、例を挙げますとストップウォッチやカレンダーなどでも十分利用してもらえ課金をして貰える要素はあります。購入した方に対してアンケートを取り必要な機能をさらに聞き出して機能を拡張することでもさらに売り上げを伸ばすことができるためある程度、顧客の要望に答える必要はありますが、必要とされる機能であればどんな物でも利益を狙うことができるのが特徴です。

ただ、ライバルは多いものであると言う点については覚悟が必要で、ライバルは同じ、フリーランスの個人プログラマーだったり、企業であったりとさまざまな人がライバルになります。たくさんいるライバルの中で必要とされるアプリを開発して収入を得ると言う訳ですから必要なことはマーケティング能力でアプリを使用してくれている方の意見をできるだけ取り入れることが重要です。

ゲームアプリなども利益を上げることができるアプリになりますが、こちらは開発に時間が掛かりますので長期で開発を一人で行う場合はかなり長期戦となり利益を上げるまでに時間が掛かると思ってください。直、収益のあげ方もゲームを一括で購入してもらう方法と、ゲーム自体は無料で課金をする方式となるかの2者を選ぶ必要があり、どちらの方法も良い点と悪い点があります。

まず、ゲーム自体が無料で後に課金をする場合、課金料金の設定額や課金をしないとクリアすらできない物であるかどうかなどが評価ポイントになりやすく、課金を必要以上にしないといけないゲームの場合、楽しさを見出せないと判断され、課金ばかりであると言うイメージが定着した場合、購入をためらう人が増えます。

一括で購入するアプリに関しては利点としてはゲームそのものをそのお値段で購入できるため必要以上の課金は無いのが利点ですがデメリットとしては一括で購入するほどのアプリであるかどうかです。

どのアプリもそうですが購入者の方は評価をした文章を残します。評価が悪ければ自分が造ったアプリを自然と購入をしてもらえなくなると考えましょう。肝心なことは最終的には使用している方々の評価になることを忘れないでアプリを開発することが重要です。